加圧トレーニングの効果② ダイエット効果

皆さんこんにちは!パーソナルトレーニング『STUDIO BE FREE』トレーナーの吉田です。

 

前回の記事から加圧トレーニングの効果についてお話ししてきました。

 

前回の「筋力アップ効果」に続き、今回は「ダイエット効果」についてお話ししていきたいと思います!

 

■加圧トレーニングで脂肪の分解を促す「成長ホルモン」が急上昇

 

 

加圧トレーニングの特徴の1つに「成長ホルモンを多く分泌させる」効果があります。

 

 

「成長ホルモン」は体の成長と新陳代謝を促進する事で知られていますが、「体脂肪の分解を促す」という働きもあり、注目を集めています。

 

 

成長ホルモンの分解を促すのは筋肉が疲労した時にできる「乳酸」と呼ばれる物質です。

 

 

乳酸ができると筋肉の中にある受容体(じゅようたい)というセンサーに刺激が与えられ、脳下垂体(かすいたい)から成長ホルモンが分泌されます。

 

 

加圧トレーニングをしている最中は、加圧ベルトによって血流が制限されているため、筋肉内にできた乳酸が出ていきにくくなり、どんどん増えていきます。

 

 

すると筋肉の受容体はより強く刺激を受け、大量の成長ホルモンが分泌されるのです。

 

ちなみに、安静時に比べて約290倍も多く成長ホルモンを分泌する事が研究で明らかになっています!

 

 

■成長ホルモンが筋肉の成長と体脂肪の分解を促し、ダブルでダイエット効果を高めてくれる!

 

 

「最近、体重が増えてきたからダイエットしなきゃ」

 

 

「健康診断でメタボリックシンドロームと診断されてしまった!痩せなきゃ!」

 

 

とお悩みの方・・・多いのではないでしょうか?

 

 

太りすぎてしまうのは摂取エネルギーに比べて消費エネルギーが少ない事が原因。

 

 

そのため、まず必要なのは摂取エネルギーの見直しを中心とした食事制限!しかし、食事制限のみのダイエットは筋肉も落ちてしまうというデメリットがあります。

 

 

筋肉が落ちれば基礎代謝も低くなってしまうので、たとえ体重は落とせたとしてもダイエット前より太りやすく、痩せにくい体になってしまうリスクがあるのです。

 

 

加圧トレーニングによって分泌が増える成長ホルモンには「筋肉の成長を促進させる」働きがあります。食事制限と加圧トレーニングを組み合わせて行うことは、筋肉は維持しつつ脂肪のみを落とす「理想的なダイエット」にピッタリなのです。

 

 

また、前述したように成長ホルモンには体脂肪の分解を促し、燃焼しやすくする働きもあります。

 

 

このように、加圧トレーニングは成長ホルモンの分泌による「筋肉の成長」と「体脂肪の分解」というダブル効果でダイエットをサポートするトレーニングと言えます。

 

 

次回は加圧トレーニングの「アンチエイジング効果」についてお話ししていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。