· 

「姿勢が悪い」ってどういう状態?

皆さんこんにちは!姿勢改善トレーニングSTUDIO BE FREEの吉田です。

 

前回の記事では「良い姿勢の目安」についてお話ししてきました。

 

今回は逆に「悪い姿勢とは?」をテーマにお話ししていきたいと思います。

 

●悪い姿勢=不良姿勢の種類

 

姿勢が悪い状態の事を「不良姿勢」と呼びます。不良姿勢にはいくつか種類がありますが、ここでは代表的なものを紹介していきましょう。

 

 

●スウェイバック姿勢

 

現代人に1番多い不良姿勢パターン。骨盤が前方に偏位体重がつま先寄りになる。背中は丸まり、肩こりや首、腰痛の原因になる事が多い。

 

いわゆる「猫背」と呼ばれる姿勢はこのパターンが多いです。

 

ボディメイク的で見ると、

 

「二の腕が弛みやすい」

 

「ポッコリお腹になりやすい」

 

「お尻が垂れやすい」

 

「バストダウンしやすい」

 

などの特徴があります。

●脊柱前弯症(せきちゅうぜんわんしょう)

 

いわゆる「反り腰」と呼ばれる、骨盤が前傾し、腰が大きく反りすぎた姿勢。腰痛や股関節の痛みの原因にもなる。

 

 ボディメイクの観点から見ると

 

「お腹が出る」、

 

「太ももの前側、外側が太くなる」

 

「出っ尻になる」

 

などの特徴があります。

 

「筋トレをしているのになかなかお尻が引き締まらない」

 

「上半身はスレンダーなのに、太ももやお尻周りが妙に太い」

 というお悩みを持つ女性はこのタイプに当てはまる事が多いです。 

 

●側弯症(そくわんしょう)

 

背骨が横に弯曲し、左右の肩の高さや骨盤の高さが大きく異なる姿勢。腰痛や肩こり、膝の痛みの原因になる。  

 

ここで紹介してきたタイプ以外にも様々な不良姿勢がありますが、特に多いのがこの3タイプです。

 

また、実際は複数のタイプが混在しているケースもあります。

 

 

ではどうして姿勢は悪くなってしまうのでしょうか?

 

次回は「姿勢が悪くなってしまう原因」についてお話ししていきたいと思います。