肩こり

肩こりは首から肩、背中にかけての筋肉のこわばり、倦怠感、疲労、痛みなどを感じる症状です。

 

肩こりに関係する筋肉は様々ありますが、主に首から肩の後方、背中にかけて付着している「僧帽筋(そうぼうきん)」に症状が出るケースが多い見られます。

肩こりが起きる原因

肩こりを引き起こす原因は様々ですが、多くが日常の中で無意識に行っている事がほとんどです。

 

ここでは肩こりの代表的な原因をご紹介していきます。

「スマホ首」などの姿勢の悪化

「猫背」に代表される不良姿勢は肩こりや腰痛の大きな原因の1つと言われています。

 

背中が丸まることで頭部が前方に突き出るような「フォワードヘッド(頭部前方偏位)」と呼ばれる姿勢になります。

 

別名「スマホ首」とも言われるこのような姿勢は慢性的な肩こりにお悩みの方に多く見られるケースです。

 

 

 脊柱(背骨)は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨に分けられ、全体で緩やかなS字ラインを描いています。

 

このS字ラインがあることで脊柱と靭帯、筋肉で重さ5~8㎏と言われる頭部を安定して支える事ができるようになります。

ところが長時間のスマートフォンやパソコンの利用が続くと、頭部が前方に出る「フォワードヘッド」になりやすくなります。

 

これは「人は目線の方向に身体が動きやすい」という性質があるためです。

 

頭部が前方に突き出ることで頚椎の弯曲が消失し、脊柱全体のS字ラインが崩れてしまいます。

 

 

その結果脊柱の支えが弱くなり、首や肩周りの筋肉への負担が増えて慢性的な緊張状態になり、血流が悪化してこりへと繋がってしまうのです。

呼吸機能の低下

「呼吸機能の低下」も肩こりを招く大きな原因の1つです。

 

具体的には呼吸時に働く呼吸筋である「横隔膜」がうまく動かなくなることで、息を吸った時に肺がうまく膨らまず、空気が入りにくくなってしまいます。

 

そのため、首や肩の筋肉で肋骨を大きく持ち上げて肺に空気を取り込もうとする「リブフレア呼吸」という呼吸になり、僧帽筋や胸鎖乳突筋、広背筋などの首、肩、背中の筋肉が緊張します。

 

また、呼吸は自律神経のバランスにも関係しています。そのため、呼吸が荒くなると交感神経が優位になり、身体が常に緊張モードになってしまうのです。

 

ヒトは1日平均2万2千回~2万3千回ほど呼吸すると言われています。

 

これだけの数を首、肩、背中の筋肉を強く使って呼吸をしてしまえば、当然肩こりの原因になってしまいます。

脳の機能低下

また、意外に思われる事が多いのですが「脳の機能低下」も肩こりを招く原因の1つと考えられます。

 

デスクワーク中心の働き方や車や電車など交通手段の発達により、現代人は1日の歩数が3000歩に満たないケースも多くあります。

 

こうした慢性的に運動不足が続くと、全身の感覚器官から脳に入る刺激が少なくなります。

 

 

その結果、脳の姿勢制御や筋緊張を調節する機能が低下していき、「猫背による首や肩の筋肉への負担増加」や「慢性的な身体の緊張状態」を生み、肩こりの原因になると考えられます。